PORTFOLIO
ANTOINE VAN LOOCKE
ナイフツール:刃はコバルト合金

 

修復とデザイン Antoine Van Loockeは、子供のころからナイフの魅力に夢中だった。「私は、やんちゃな男の子でした。」ベルギーで最も高名なシェフたちのために、彼曰く「廃材」から個性豊かなナイフを作り出す職人は、微笑みを浮かべる。アーティストとしての初期、彼は、環境負荷の高いダマスカスナイフを加工していた。しかしながら、10年前、彼は不可能を可能とするために、リサイクルに取り組んだのだ。こうして、蚤の市で見つけた、さび付いたナイフは、かつての威厳と輝きを取り戻し、自然の素材を使用した柄が取り付けられた。Antoineは、ナイフの柄に、蚤の市で見つけたり人からもらったサンゴやジャコウウシの角など、珍しいリサイクル材を使用する。不完全な存在に美を見出すVan Loockeが最新の作品に経年劣化した木材を使用したのは、ごく自然なことと言える。これらの木材は、8年間放置した切り株をさらに2年間乾燥させ、「調理における使用に耐える」ように、高度な技術によって強化する、計10年ものプロセスを経て生みだされる。職人の技を高度な技術プロセスと組み合わせることで、Van Loockeは、その魅力にとらわれた人々があらゆる国からアトリエを訪れる、個性的な作品を送り出している。